<< 第36回草の根交流文化サロンinSEINO「日干し煉瓦によるブリックハウス完成報告写真展&かつらこ作品展」報告 | main | 第38回草の根交流文化サロンinSEINO「大槌復興刺し子プロジェクト展示会」(報告) >>
第37回草の根交流文化サロンinSEINO「福田陽平 木の見方展」

(1)展示 210日(土)〜18日(日)10:00〜18:00

木を使った作品群の展示

普段の家具や道具などを作る仕事の中に自分なりの木の見え方があります。今回の展示は、木を生かす見方ではなく、木を感じてもらえるような見方を提案できればと思っています。」(作家談)

(2)作家トーク(含 作品説明会) 211日(日)16:00〜17:00 

         定員40名 無料(要予約)

(3)交流会   211日(日)17:30〜19:30

         定員30名 参加費1200円(軽食付き)(要予約)

 

8 作家プロフィール 

京都造形大学卒。京都大原で家具の仕事に携わる。2009年に独立、岐阜県神戸町にピネル工房を開設。2014年自宅兼ショールーム『ピネルの家』オープン 

 

 

 

 

2月10日の作家トークと交流会ではたくさんの皆さんの参加があり大盛況でした。

 

交流会では、かさじゅうの扉の彫刻を作っていただいた郡上の須甲さんに乾杯の音頭を取っていただきました。

 

スープ屋さんのスープカレーと石窯ピザを準備しましたが、これも満足していただけたようです。

 

作品はほとんどが、家具等を製作する際にできた切れ端なのですが、そこに展示の演出とタイトルを加えることによって確かな世界観を生み出しています。

 

沢山の切れ端の中から作家のフィルターを通して選ばれた一つ一つが、その中の内包していたメッセージを解放しているようです。

 

作家は、選ぶという行為そのものを製作行為とし、見事に単なる木片を作品とすることに成功しています。

 

木片の中に木工職人としての確かな技術を窺わせることも重要な要素となっていることも見逃せません。

 

作家の木に対するどこまでも深い愛情が伝わり、素直に楽しめる展覧会になっていると思います

| - | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kusanone.jugem.jp/trackback/98
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH